Blogブログ

最新のトレンドや、当店イチオシのオシャレ情報をお伝えします。

「美容飯」「元気飯」第七弾☆〔パンナコッタ マンゴージュレ添え〕


【効果・効能】美髪・美肌 疲れ目・骨租しょう症予防

【材料】(6個分)
*パンナコッタ
牛乳       250㏄
生クリーム    80㏄
グラニュー糖   40g
板ゼラチン    3枚(4~5g)
バニラエッセンス 3滴
*マンゴージュレ
マンゴー   50g(飾り用残り)
グラニュー糖 30g
水      120㏄
板ゼラチン  4枚(6g)

ライム    1/4個(果汁5g)
*飾り用
マンゴー   1個
ミント    1枚

【作り方】
☆準備☆
・マンゴーはダイス型に切り、種周りの切りにくい部分50g分をピューレにする。
・板ゼラチンは氷水(分量外)を加えふやかす。(パンナコッタとジュレ用別々にふやかす)
*パンナコッタ
①小鍋に牛乳・生クリーム・グラニュー糖を入れ火にかける。
②沸騰直前で火を止め、水で戻した板ゼラチンの水気をしっかり絞り、加えてしっかり溶かす。
③氷水に当てながら冷やし、バニラエッセンスを加え、とろみがつくまで混ぜながら冷やし器に入れ、冷蔵庫で冷やし固める。
*マンゴージュレ
④小鍋にマンゴーピューレ、グラニュー糖、水を入れ火にかける。
⑤沸騰直前で火を止め、水で戻した板ゼラチンを入れ、溶かし、ライムの絞り汁を加える。
⑥氷水に当てながら冷やし、とろみがつくまで混ぜながら冷やして別の容器に入れ、冷蔵庫で冷やし固める。
⑦固めたジュレをスプーン等でクラッシュしてパンナコッタの上にのせ、マンゴーとミントを飾る。

【栄養成分】カルシウム たんぱく質 ビタミンA
牛乳にはカルシウムが含まれ、髪に重要なたんぱく質が豊富に含まれています。骨の材料であるカルシウムは、骨租しょう症予防に不可欠な栄養素です。生のフルーツはハリのある肌を作るのに必要なコラーゲンの生成を促進します。マンゴーにはビタミンAが含まれるので疲れ目や視力低下の予防にも効果的です。

【作成時間】1時間
【子供・成人・シニア】
【ひと言】
旬のフルーツを使い鍋1つで作れる簡単デザートです。入れるフルーツを変えれば簡単にアレンジも可能です。
牛乳は、低脂肪牛乳を使ったり、グラニュー糖をラカント(人口甘味料不使用)に置き換えるだけでカロリーを大幅にカット出来ます。マンゴーピューレをジュースで作る場合は、グラニュー糖の量を調整して下さい。バニラビーンズを使用する場合は2cm程入れて作るとより美味しく作れます。バニラオイルを使用する場合は火にかける時に一緒に加えて構いません。

関連記事